クリニック看護師求人
*
クリニック看護師求人 > 給与・年収 > 看護師 クリニックの給料、手取りについて

看護師 クリニックの給料、手取りについて


クリニックで働く時の看護師の給料、手取り

クリニックで働く際の給料、手取りが気になりますよね。

求人ページにも賃金は記載されていますが、あくまで総支給額です。
給与、手取りの計算
実際は以下が引かれた額が手取りになりますね。

・社会保険料(健康保険料)
・社会保険料(厚生年金保険料)
・雇用保険料
・所得税
・住民税

上記以外にも勤務するクリニックによっては、ユニフォーム代やまかない代が引かれることもあります。

その辺りは看護師紹介会社でクリニック求人を探す際に担当者に確認して下さい。

雇用保険料は低額ですが、健康保険料、厚生年金保険料は高額かもしれません。

負担はクリニックと折半ですが、それでも月額15万円なら厚生年金保険料は13,000円前後になりますし、月額20万円なら17,000円前後です。

他に所得税、住民税が引かれますので、目安としては、総支給額からマイナス2~3割と思って下さい。

総支給20万円なら、14万円~16万円ですね。30万円なら21万円~24万円です。
こうして給料について見ていくと、思った以上に引かれていて手取りになった場合には給与が少ない、と思われる方も少なく無いと思います。

なんとか手取りアップしないかな。税金や社会保険料が安くならないかな

と思われるかもしれませんが、正社員としてフルタイムで働く場合は、どのクリニックで働いても天引き額は同じではないでしょうか。

アルバイトやパートなら、勤務時間、勤務日数によって社会保険が引かれないので、その分、手取り額は多くなるかもしれません。

しかしその場合でも、自分で国民年金保険料や国民年金を支払う必要がありますので、クリニックに折半してもらえる厚生年金、健康保険の方がメリットは多いですよ。

クリニック看護師の平均年収

クリニック看護師の平均年収は約400万円と言われています。

あくまでも平均年収なので、新人ナース、ベテランナース合わせての平均年収ですが、病棟勤務よりも低い水準ではありますね。

しかしクリニックには夜勤がないですし、急性期病棟のような忙しさとも無縁でしょう。

2交代制、3交代制の病棟で働く場合、どうしても生活リズムが狂ってしまいますが、日勤のみで働けるクリニックは体調を保ちやすいのではないでしょうか。

中には残業が入るクリニックもありますが、その場合に残業代が出れば収入アップに繋がりますね。

残業手当、時間外手当の支給は法律で決まっていますが、職場によってはサービス残業があるかもしれません。

そのような事態を避けるには、看護師紹介会社を利用して下さい。

ハローワークよりも好条件のクリニック求人が多いと思いますし、「残業代がちゃんと支給されるクリニック」と最初に希望すれば、あなたの条件に合った募集を探してくれますよ。

【関連記事】
クリニック看護師求人に強い紹介会社
クリニック看護師求人 職場選びのポイント

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓